如月結衣といえばぱっちりとした瞳に存在感のある涙袋など、現代女子が憧れるルックスを持つフランスの血を引くクォーターAV女優ですが、無修正作品があるとの噂をキャッチしました。綺麗系を絵にかいたような端正なルックスを持つ如月結衣がどんなAV女優だったのかや無修正に関してなど、彼女に関していろいろと調べてみましたのでご覧ください。

目次

如月結衣ってどんなAV女優?

如月結衣のデビューは2018年。デビュー時の名称は「咲々原リン」で、kira☆kiraからのデビューであったことからもわかるように、期待値も高かったことでしょう。それもそのはず、外見は良い意味で日本人離れした端正なもので、細いウエストにEカップのスレンダー巨乳。フランス系のクォーターということで、どこか神秘的な雰囲気を漂わせる美女。
まるでゲームの世界に出てくる女性キャラのような存在感のAV女優の登場とあって、大きな話題を集めたものの、その翌年2019年には引退してしまいました。引退作品はおろか、引退イベントも行わずにひっそりと引退したその理由は、大きなプレッシャーを感じていたからとのことです。

如月結衣になる前に咲々原リンが引退した理由とは?

如月結衣の前の名前である咲々原リンが引退した理由としてはプレッシャーはもちろんですが、根本的な部分では仕事があまりなかったからと囁かれています。
咲々原リン時代、twitterにて「仕事がない」と呟いたこともありました。デビュー時はフランス系の美形クォーターのデビューとして大きな注目を集めていたものの、今の時代のAVには彼女レベルとまでは言いませんが、ルックス・スタイル共にハイレベルな女の子が多数います。
そのため、「ルックスだけで売れる」ほど簡単ではありません。
実際、咲々原リン時代には「演技がイマイチ」「テクニックは普通」といった声も多く聞かれるなど、いわばAV女優としての資質はそこまでではない…といった評価が多かったことから、売り上げの方は期待されたほどではありませんでした。結果、仕事が少なくなっていったのでしょう。
ましてやAVの世界は多くの方がご存知のように、毎年のように多くの女の子が登場。ある意味、競争の激しい世界です。そんな世界での競争やプレッシャーの負担から、咲々原リンとしてはAV女優を引退したのでした…。
圧倒的ともいえる咲々原リンがブレイクできなかったことは、様々な形で議論されていますが、いくつかの理由をまとめてみました。

咲々原リンがブレイクできなかった理由その1:ルックスから期待が高すぎた

咲々原リンのルックスは、間違いなくハイレベルです。
フランス系のクォーターということで、日本人にはない目鼻立ちなどは、血筋の時点で美貌のアドバンテージがあるようなもの。
だからこそ、男性たちの期待も高いものがありました。ましてやデビュー作では「神業的な手コキの持ち主」とのキャッチコピーが付けられていたことから、「美人なのに上手なのか!」と、さらに期待値が高まってしまいました。
しかし、実際に作品を見ると決して悪いものではないものの、高まった期待値と比べると「普通以下」に感じてしまう人が多く、結局は男性たちの心にさほど響かなかったことが予想されます。
この点に関しては咲々原リン自身の責任というよりも、むしろ事務所の戦略ミスも含まれていますが、見ている側としては期待値が高まりすぎてしまったがために、普通の作品では満足できなかったことでしょう…。

咲々原リンがブレイクできなかった理由その2:本人のやる気がそこまでではなかった

やる気がない、あるいは徐々にやる気がなくなっていったことも要因として挙げられています。
この点に関しては様々な悪循環が出てしまった面もあります。
咲々原リン本人はもちろん、事務所の人間もルックスの良さから売れると思っていたのでしょう。しかし、蓋を開けてみるとそこまでの反響がありませんでした。
すると、次第にモチベーションが低くなり、撮影に対する意欲が低下していってしまったであろうことは容易に想像がつきます。
実際、咲々原リンとして引退する際の声明では「わがままばかりで迷惑をかけた」とあります。もちろん「わがまま=モチベーションが低かった」とは断言できませんが、売れていればいろいろなことが良く回っていくものですが、逆に言えば売れないと様々な悪循環が起きてしまうもの。
特にビジュアルレベルの高さから、「売れるだろう」と見込んでいたとすれば、なかなか売れない状況が続くと次第にモチベーションが下がってしまうのも分からない話ではありません。

咲々原リンがブレイクできなかった理由その3:事務所側も扱いに困った

AV女優として人気が出るかは、AV女優自身の魅力もさることながら、所属事務所の戦略も重要です。特にマネージャーなど近しい人間がメンタル面も含めてコントロールすることが大切とされていますが、当初は売れると思っていたものの、なかなか売れないと咲々原リン本人のモチベーションが低下してしまうのは仕方ありませんが、そこで事務所側も扱いに困った可能性があります。
なぜなら、企画系の作品に多く出演していたものの、いまいちブレイクにまで至らないといわば尻すぼみに。もしもですが、事務所やマネージャーがもう一歩踏み込んで咲々原リンに何らかのレクチャーができていたら、また違った結果になっていたかもしれません。
しかし、本人が言うように「わがまま」だったことから、扱いに困っていたことも十分に考えられます。

咲々原リンは引退後キャバクラやデリヘルで働いていた

大きな期待が空回りしてしまった咲々原リン。
彼女はAV女優を引退後、歌舞伎町のキャバクラで働き始めた模様。この点は引退発表の時に既に本人の口から出ていたことでした。しかし、キャバクラでもそこまでの引きはなかったのか、2019年からはデリヘルで働き始めた模様。
このようにして、多くの人々からAV女優・咲々原リンの記憶が薄れていった頃、大きなニュースが流れました。

咲々原リンから如月結衣として再デビュー!しかも無修正!

咲々原リンとしては外見から集めた期待値ほどのインパクトを残せなかった咲々原リン。その後、キャバクラやデリヘルで働いていたものの、突如咲々原リンから如月結衣と改名し、AV女優としての活動を再開しました。
さらに驚きだった点として、再開の舞台がカリビアンコムという無修正動画配信サイトだった点です。ルックスに関しては申し分ない咲々原リンが如月結衣と名を変え、無修正デビューをしたことは、咲々原リンの記憶が薄れていた人々にも大きな衝撃を与えました。

なぜ如月結衣としてカリビアンコムに戻ってきたのか

咲々原リンとしては、いわば「逃げ出した」といっても過言ではない形でAV女優を引退したものの、如月結衣として無修正作品で復帰したその理由についてリサーチ。推測等も入りますが、いくつかまとめてみました。

如月結衣として復帰した理由その1:キャバクラもデリヘルでもイマイチだった

咲々原リン=如月結衣のルックスに関してはパーフェクトといっても過言ではありません。もしもですが、現実で目の前に現れたらよほど美人に慣れている男性ではない限り、緊張してしまうことでしょう。
しかし、キャバクラやデリヘルは決してルックスだけが問われるものではありません。現実的に、そこまで素晴らしいルックスではないものの、コミュニケーションスキルやキャラクター等で男性客から人気を集めているキャストは珍しくありません。
キャバクラにせよデリヘルにせよ、接客業でもあるため、ルックスに頼ってお客とのコミュニケーションを疎かにしていては、当然ですが人気は出ません。
結果、キャバクラやデリヘルで思ったように稼げなかったのでAV女優として復帰したのではとの声もあります。

如月結衣として復帰した理由その2:カリビアンコムのギャラが良かった

カリビアンコムから提示されたギャラが良かったのでAV女優として復帰したのではとの声もあります。
カリビアンコムは無修正動画配信サイトとして高い人気を集めています。1996年から営業を開始している老舗でもあるので、安心・信頼が評判を集め、多くの会員を獲得。カリビアンコムとしても会員を満足させるため、積極的に新しい出演者を求めて水面下で「営業」を行っています。
当然、ギャラに関してはそれなりのものを出しているのでしょう。先に紹介した理由の続き的な話ですが、キャバクラやデリヘルで思ったほど引きがなかったことから、カリビアンコムの話に対して興味を持ち、AV女優としての活動を再開したのではないかとの声もあります。

如月結衣として復帰した理由その3:スポットライト症候群の可能性

いわゆるスポットライト症候群の可能性も指摘されています。
AV女優とキャバクラ嬢とデリヘル嬢。いずれも男性を満足させるお仕事ではありますが、これらの中ではやはりAV女優の注目度や仕事環境は他の二つとは少々毛並みが異なります。例えばマネージャーがつくのはAV女優のみ。撮影の際、メイクさんなど様々な人が集まり、いわば「AV女優が主役の環境」を用意し、一つの作品を作ります。
さらにはSNSなどを行えばファンが多々コメントを残してくれます。つまりはスポットライトを浴びているかのような、自己顕示欲や承認欲求が満たされるものですが、キャバクラやデリヘルでは、AV女優ほどのスポットライトを集めることはなかなかできません。
人気のキャバクラ嬢・デリヘル嬢ともなれば、収入面に関しては並のAV女優に迫ることも不可能ではないのですが、スポットライトという点に関してはどうしても差が出てしまいます。
その点から、AV女優になりたいというよりもスポットライト症候群からAV女優として復帰したのではないかとの声もあるようです。

咲々原リン=如月結衣の無修正作品

如月結衣として再びAV女優としての活動に選んだカリビアンコム。
そこには如月結衣の無修正作品が配信されています。そこで、

Debut Vol.54 ~超イキ体質のスレンダー巨乳美女と中出し~

「デビュー」とあるように、カリビアンコムでのデビュー、つまりはAV女優としての復帰策になります。
その美貌は健在で、むしろ一度の失敗?があるからか、プレイに関しても積極的。無酒精デビュー作品でありながら口内発射や中出しにチャレンジしている姿は必見です。

THE 未公開 ~結衣の身体測定~

こちらはデビュー作で撮影したものの、使用されなかった映像です。
15分と短い作品で、かつ絡みではなくオナニーまでではありますが細かい数値を知ることができる点から、彼女のファンにとってはなかなか興味深い映像となっているのではないでしょうか。

じっくりEカップおっぱいを味わいたい

この作品では如月結衣の美乳をフォーカス。絡みなど様々な展開の中で、常に美乳をいじっていますので、如月結衣のファンはもちろんですが、おっぱい星人にとっても楽しめる内容となっています。とにかく55分の作品の中で常に彼女の美乳が刺激されています。

マ〇コ図鑑 如月結衣

こちらはカリビアンコムの人気シリーズ。絡みはなく、あくまでもタイトルにあるように局部を観察できるシリーズ。絡みそのものはありませんが、オナニーシーンを通して彼女の局部の変化をじっくりと観察できる作品です。

大好きな挿入とおしゃぶりを繰り返す欲しがり女子2

体にぴっちりのウェアに身を包んだ如月結衣。乳首もアンダーヘアも透けている姿から絡みまで、咲々原リン時代には想像できないほど作品に対して積極的です。様々な体位での絡みが見られますが、必見はやはりフィニッシュ。口内発射だけではなく、中出しにまでチャレンジしています。

洗練された大人のいやし亭 ~超絶美人のマゾパイズリとリアル本番体験~

こちらもカリビアンコムの人気シリーズ。和服姿の如月結衣を堪能できるのですが、なんとこちらはVR作品ということで、VRを楽しめる環境であればまさに自分自身が如月結衣とHを楽しんでいるかのような錯覚を味わうことができる作品です。

極上泡姫物語 Vol.81

ソープ嬢に扮した如月結衣が男優に対してじっくりと攻める姿を楽しめる作品です。
咲々原リン時代から含め、どちらかといえば受け身の作品が多かっただけに、如月結衣が主導権を握って男優に奉仕する姿は新鮮。もちろん彼女のことをよく知らない人も、美形のAV女優がソープ嬢に扮する姿を楽しめることでしょう。

朝から晩まで隙があったら即挿入 ~スレンダー美女と3P連続中出し~

こちらは企画系の作品。
とにかくすぐにでも如月結衣と絡むというもの。ソファーでスマートフォンを弄っていたら急に挿入されたり、シャワーを浴びていたら急に後ろから挿入されたりと、シチュエーションそのものを楽しめる作品です。
そんな企画系作品ではありながら、中出しまであるので中出しマニアは必見です。

如月結衣の無修正作品はカリビアンコムで!

カリビアンコムでは如月結衣の無修正作品が配信されていますが、如月結衣だけではなく、様々なAV女優の作品が無修正で楽しめます。懐かしいAV女優から、如月結衣のように比較的新しいAV女優まで様々な作品が用意されています。ちなみにカリビアンコムはサンプルだけであれば会員登録不要で確認できますので、まずは軽い気持ちで確認してみるのもよさそうですね。