ドアスコープは魚眼レンズになっており、外側から覗いても中が見えることはありません。しかし、空き巣が入っていないかを確認するために作られたリバースドアスコープというアイテムを使えば外側から中の様子が確認できます。

今回盗撮関連のサイトを取り扱うにあたって、盗撮に悪用されかねないグッズがいくつか見受けられました。そこでこの記事では、リバースドアスコープを中心に防犯対策や盗撮グッズについてまとめていきます。

リバースドアスコープとは?

冒頭でも説明しましたが、リバースドアスコープとは外側からドアスコープを覗けるレンズです。本来は、空き巣が中にいないかや独居老人が生存しているかを外から確認するためのアイテムです。

しかし、本来の使い方とは違った、リバースドアスコープを使った盗撮被害が増えています。特にドアからリビングまでが一直線で仕切りがないタイプのアパートやマンションはリバースドアスコープによる盗撮対策が必要になります。

リバースドアスコープの対策方法

リバースドアスコープは、比較的簡単に対策が可能です。そのうちの1つが、ドアスコープ用のカバーです。カバーをセットすることで、常時ドアスコープは塞がれている状態となり、必要な時だけドアスコープを外して内側から覗く使い方ができます。

また、専用のドアスコープカバーが近くで売られていなかったとしても、ガムテープなどで封鎖してしまえば覗き被害に遭うことはありません。

その他の盗撮用グッズ

ここでは、盗撮犯が使う盗撮グッズを合わせて紹介します。ただ紹介するグッズはそもそも探偵業の方が証拠を掴むためなどに開発されたグッズで、犯罪目的で作られたものではありません。

腕時計型カメラ

腕時計型カメラとは、文字盤や文字盤の側面に内蔵されたカメラによって映像を録画するタイプのカメラです。パッと見ただけではカメラが内蔵されていることはまずわからないため、盗撮されているかどうかを判別するのは非常に難しいでしょう。

元々は、会社でのパワハラ、セクハラ被害の証拠を抑えるためなどに作成されました。手をスカートの下にかざすような仕草は腕時計型カメラで盗撮されている可能性があるため、怪しい挙動には注意が必要です。

靴型盗撮カメラ

靴型盗撮カメラは、靴の内部にカメラがセットされている隠し撮り用カメラです。こちらは探偵のためのカメラではなく、あまりに盗撮被害が多かったことからか、業者を特定し、販売停止となりました。

2500足が流通し、すでに購入した人は警察から提出が求められる結果に。現在もし靴型カメラがあるとすれば当時流通したものか、自作で作られたものということになります。

警察が介入して商品を販売停止にするケースは非常に珍しいと言えます。

カバン一体型カメラ

カバン型盗撮カメラは、ビジネスバックの側面にカメラが内蔵されているタイプの隠しカメラです。レンズの部分はすぐにはバレないように出来ているものの、他の隠し撮り用カメラと比べるとわかりやすくなっています。

カバンを置いたまま離席した時に防犯対策になることや、尾行や何らかの証拠を掴むために作られています。

のぞき対策とは

カバンや靴、腕時計と一体型となったカメラで盗撮されてしまう場合、よほど警戒していたとしても気付くのは難しいでしょう。仮に怪しい相手を取り押さえたとしても万が一何もなかった場合のリスクが大きすぎます。なのでとりあえず、外での盗撮ではなく家にいる時ののぞき対策だけでも知っておきましょう。

特殊なカーテンをセットする

特に1階のアパートで1人暮らしをする場合、必ずカーテンをセットしておきましょう。筆者の知人でも1階に住んでいてなぜかカーテンを付けなかった女性が数人いますが、全員漏れなく覗き被害に遭っています。それくらい、カーテンを付けずに生活するのは無謀なことです。

分厚い布のカーテンを付けるに越したことはありませんが、昼間は日光を取り入れたい場合はミラーレースカーテンを用意しましょう。ミラーレースカーテンであれば光を取り入れながらも外から覗いても部屋の内部が見えないようになっています。

偽でも良いので防犯カメラをセットする

リバースドアスコープによる盗撮や、怪しいストーカー対策となるのが、防犯カメラです。防犯カメラがあるだけでのぞき目的の人間はその部屋に近づくのを嫌います。

防犯カメラをセットするとなると、本体価格だけでなく配線や配管工事が必要となり5万円以上のおおがかりな工事に発展します。大家さんや管理会社の許可も必要になる可能性が高く、気軽にはセットできません。

そこで便利なのが、ダミーの隠しカメラ。ダミーなので本体価格も安価で、セットするのも簡単です。実際に防犯カメラの機能がなかったとしても、のぞき魔に対しての威嚇になるだけで充分効果を発揮できます。

ドアスコープをカバーやテープで塞ぐ

リバースドアスコープの対策ですが、前述した通り専用のカバーかガムテープで封印してしまいましょう。

近年は多くのアパートにインターホンがセットされていて、わざわざドアスコープを覗かなくてもチャイムを鳴らした相手が分かるようになっています。そのため、ドアスコープを内側から覗き見る機会が少ない人は、引っ越したらすぐにでもドアスコープを塞いでしまうことをおすすめします。不動産営業の人間が、案内した女の子がタイプだったからと言ってリバースドアスコープを使って覗き見して大事になった事例などがあるためです。

また、リバースドアスコープを使って覗き見れるのはドアスコープから一直線上のラインのみです。通路からリビングやダイニングへの仕切りのドアがある場合、必ず閉めておく癖を付けましょう。

探偵に相談してみる

覗かれているだけでなく、盗聴されていると感じた場合は、探偵事務所に相談してみましょう。盗聴器を発見するのは、素人では難しく、通販などで販売されているキットを購入したところで上手く見つけられるとは限りません。

多くの場合、盗聴はストーカー犯からのコンタクトによって判明します。電話でしか話していない話題などが外に漏れ出ていた場合は盗聴されている可能性が高いので、早めに相談することをおすすめします。

のぞき・盗撮は犯罪です!

このページを読んでいる人の中には、盗撮に興味を持つ人もいるかもしれません。FANZAで購入できる盗撮AVはあくまでフィクションです。中にはリアリティを求める人もいますが、素人ものAVを半信半疑で楽しめるくらいの認識でいた方が楽しめることも多いでしょう。

ただ、リアリティを追求した結果犯罪行為に走るのだけは控えましょう。私がおすすめしている「NOZOX」というサイトでは、かなりリアルな「のぞき体験」をすることができます。詳細は以下の記事で確認してみてください。

のぞきは「自分」でやっちゃダメ!この記事が役に立つ

まとめ

今回は、盗撮やのぞきに使われてしまうリバースドアスコープについて紹介し、どういった対策方法があるのか、その他ののぞきグッズや防犯対策に関して紹介しました。

というのも、のぞき動画にハマって実際に盗撮してしまう人は一部にいます。しかし、どんなに興奮したとしても犯罪を犯してしまってはアダルトサイトを楽しむことはできません。当サイトでは、犯罪を助長する目的はありません。今後も魅力的なのぞき・盗撮サイトを紹介していきますので、のぞきにどうしても興味がある場合はそういったサイトで欲求を解消してください。

のぞきは「自分」でやっちゃダメ!この記事が役に立つ